• ポイント集
  • 重要過去問
  • 法改正
  • 統計
  • 重要数字
  • ゴロあわせ集
  • メールマガジン登録はこちら

Twitter


Facebook

外部リンク集

TOP > Q&Aよくある質問

Q&Aよくある質問

Q.宅地建物取引士資格試験に合格すると、どんな資格が得られるのでしょうか?

A.宅地建物取引士という国家資格が得られます。

Q.宅地建物取引士とは、なんですか?

A.宅地建物取引士資格試験に合格し、宅地建物取引士登録を行い、宅地建物取引士証の交付を受けた者のことを、宅地建物取引士といいます。

Q.宅地建物取引士になると、どのような仕事ができるのでしょうか?

A.宅地建物取引士になると、宅地建物取引士にしかできない3つの仕事(独占事務)ができるようになります。

具体的には、宅地や建物の『取引』を行う際、契約の成立前に、取引しようとする物件の重要事項の説明書をチェックして説明したり、契約が成立した後は、どのような内容の契約をしたのか証拠としての契約書の内容をチェックする事務ができるようになります。後々のトラブルを防ぐため、宅地建物取引士には、重要な独占事務が与えられています。

また、宅地建物取引業を行う宅地建物取引業者の事務所や一定の案内所には、一定数以上の『成年者である専任の取引士』を設置しなければならないと宅地建物取引業法上、宅地建物取引業者に義務付けられています。

※『成年者である専任の取引士』の設置義務

事務所 ⇒ 業務に従事する者の5分の1以上
一定の案内所、展示会場等 ⇒ 1名以上

Q.宅地建物取引士でなければできない仕事(独占事務)をもう少し詳しく教えていただけませんか?

A.宅地建物取引士でなければできない仕事(独占事務)は、①重要事項の説明、②重要事項説明書への記名・押印、③37条書面(契約書)への記名・押印の3つです。

①重要事項の説明
宅地や建物の取引では、高い財産価値を有する不動産ととても高額なお金とが動きます。そこで大きなトラブルを回避するため、契約をする前に、必ず取引をしようとしている宅地や建物に関する重要な事項を説明することになっています。例えば、登記された抵当権があることやペット禁止のマンションであること等を説明しなければなりません。

②重要事項説明書(35条書面)への記名・押印
説明する重要事項が記載された重要事項説明書をチェックし、記名・押印をします。

③契約書(37条書面)への記名・押印
重要事項の説明がなされ、契約が成立した場合、契約成立後、宅地建物取引士は、契約書の内容をチェックして、記名・押印をします。

Q.『成年者である専任の取引士』とは、なんですか?

A.『成年者である専任の取引士』とは、原則として、その事務所等に常勤し、専ら宅地建物取引業者に従事する取引士をいいます。

未成年者(20歳未満で未婚)は、成年者ではありませんが、自ら宅地建物取引業を営む者(個人である宅建業者又は法人である宅建業者の役員)であり、取引士でもある場合には、例外的に『成年者である専任の取引士』として扱ってもらえます。

Q.宅地建物取引業法とは、なんですか?

A.宅地建物取引業者や宅地建物取引士が守らなければいけないルールを定めている法律です。

Q.宅地建物取引業者とは、なんですか?

A.宅地や建物の売買・交換を自ら行うことや宅地や建物の売買・交換・貸借を代理・媒介することを業とする者のことをいいます。いわゆる町の不動産屋さんのことです。

なお、アパートやマンションを自ら賃貸すること(大家さん)やアパート・マンションの管理、ビルの建設、宅地の造成等は、宅地建物取引業にあたりませんので、宅地建物取引業の免許がなくてもできます。

Q.宅地建物取引士資格試験の合格を目指すメリットとは、どのようなものでしょうか?

A.例えば、就職・転職活動等の際に、宅地建物取引士の資格を有することは多少なりとも有利に働きます。なぜならば、宅地建物取引士の資格は、宅地建物取引業のみならず、建物を建てるときに土地の仕入れ等が必要となる建築業・建設業、不動産を担保に取ることの多い金融業、不動産と密接にかかわるホテル業やコンビニ業等、他業種でも不動産に関する専門知識を必要とする場面は多いからです。

管理業務士、マンション管理士、不動産鑑定士等不動産系の資格や社労士、司法書士、行政書士等法律系の他の資格へのステップアップの登竜門としてチャレンジする方も多くいらっしゃいます。宅地建物取引士資格試験の受験勉強で養った教養・学力は、他の資格へのステップアップの大きな力となることでしょう。

ちなみに、おススメの宅建試験の次の資格は、FP(ファイナンシャルプランナー)です。将来、FPみやざき塾も開塾予定です。

Q.宅地建物取引士資格試験の難易度は、どのくらいでしょうか?

A.宅地建物取引士資格試験の合格率は、例年15~18%程度となっています。合格率だけをみると、難しいようにも思われますが、宅地建物取引士資格試験は、出題傾向に大きな変更がなく、合格のための受験対策がとりやすい試験であり、しっかりと準備をすれば、法律の学習が初めての初心者の方でも、一発合格が狙える国家資格です。

実際、宅建みやざき塾では、最終学歴中学卒業で勉強が決して得意ではない方や大きなハンデを抱えた障害をお持ちの方も、見事合格を勝ち取っています。

Q.宅地建物取引士資格試験合格のためには、どのくらいの時間、勉強すればいいのでしょうか?

A.宅地建物取引士資格試験に合格するまでの学習時間は、市販本や大手スクール(教育機関)の合格体験記によると、独学の場合は300~500時間程度必要、通学の場合でも200~300時間程度必要、といわれています。

※宅建みやざき塾の先輩合格者の場合は、もうすこし少ない80~150時間くらいの学習時間で合格された方が多いようです。

最近の宅地建物取引士資格試験の出題内容をみますと、以前よりも高度な内容になり、問題分も長くなっています。問題設定が複雑で、出題の意図を理解するのに時間がかかる問題も増えています。

無理やり覚える丸暗記を中心とした学習では、なかなか合格できない試験になってきているといえます。宅地建物取引士資格試験を受験される方は、しっかりと理解し、考え方や基礎知識を丁寧に身に付けることが必要といえます。

Q.独学で宅建試験に合格することは難しいのでしょうか?

A.独学で合格することももちろんできます。ご安心ください!

ただ、独学には、学習する際に気をつけてほしい不利な点(デメリット)がいくつかあります。今年の受験でとくに重要な学習テーマを分かりやすく丁寧に教えてもらえる機会に恵まれなかったり、学習をしていて疑問点が出てきた場合、すぐに解決することが難しい環境にあります。

また、宅建試験で合格のために重要となる最新の『法改正』や『統計』の情報などを、自分独りで調べておかなければなりません。周りにライバルの受験生がいない環境は、ヤル気(動機、モチベーション)を維持するのが難しいかもしれません。そんなデメリットも解消できるよう、宅建みやざき塾では次のように学習環境を充実させてまいりますので、どうぞご期待ください。

YouTube宅建みやざき塾や宅建みやざき塾のHP(ホームページ)上の情報などを上手にご利用いただければ、今年の受験でとくに重要な学習テーマをお手軽に入手でき、スクールに通うのと遜色(そんしょく)ない効率的・効果的な学習が期待できるようにさせていただきます。

宅建試験で合格のために重要となる最新の『法改正』や『統計』の情報は、YouTube宅建みやざき塾にて、最高水準の講義を提供させていただきます。みなさまのヤル気(動機、モチベーション)を維持できるよう、YouTube宅建みやざき塾の講義では、魂をこめて、皆様の合格を願うみやざきの熱い想いを届けております。ぜひ、宅建みやざき塾をあなたの合格へとお役立てください!

Q.仕事(家事・育児)と学習を両立して、合格をするため大切なことはなんでしょうか?

A.まず『絶対合格する!』という、どんなに忙しくても折れない、強い心を持つことです。

そして、学習時間を毎日欠かさず30分程度確保することが大切です。例えば、仕事の移動時間や休憩時間などの『スキマ時間』をすこしでも活用し、継続して学習することが大切です。

いつでもどこでも利用できる、YouTube宅建みやざき塾や宅建クイズ【近日、公開予定!】を活用すれば、いつでもどこでもご都合のよい時間に学習することができます。

また、家事・育児の場合には、音声のみで学習できる教材を活用するのもおススメです(宅建みやざき塾でもMP3音声教材を提供予定です)。ちなみに、宅建みやざき塾のテキストは、『約100ページ!』に合格に必要なことがまとめられていますので、忙しい方にはとってもおススメとなっています。

Q.どのようにしたら、宅建みやざき塾の教材を購入できますか?

A.現在、宅建みやざき塾の教材は、Live生講義にご参加いただく場合とDVD宅建みやざき塾をご利用いただく場合のみの提供となっております。

あなたの今年の宅建合格に、宅建みやざき塾Live生講義とDVD宅建みやざき塾をぜひお役立てください!

Q.宅建みやざき塾Live生講義への参加はどのようにしたらいいですか?

A.宅建みやざき塾Live生講義に、ぜひ参加してみたい! という方は、詳しいご案内を送らせていただきますので、『氏名※必須』、「(郵便番号)ご住所」、「連絡先電話番号」、『PCメール(長文)を受信できるメールアドレス※必須』 を明記のうえ、私宛てにメールをお願いいたします。

メールアドレスはコチラです。miyazaki@luminoso.co.jp

Q.宅建みやざき塾を自宅で利用できる学習教材はありませんか?

A.ご自宅のDVDを利用して学習できるDVD宅建みやざき塾を販売しております。

DVD宅建みやざき塾のご注文、お問い合わせ先は、株式会社Select Cubeになります。DVD宅建みやざき塾に関する最新のブログ記事(宅建合格らくらくナビ~みやざきの宅建ブログより~)をぜひご覧ください。

Q.宅建試験の他にも資格取得を検討しています。宅建試験とどの資格を組み合わせると相性が良いのでしょうか?

A.宅建試験で学ぶ知識は、他の不動産系資格や法律系資格と学習すべき内容が重なることが多いので、他の不動産系資格や法律系資格と組み合わせることで、より一層のキャリアアップを期待することができます。具体的には、FP(ファイナンシャルプランナー)、管理業務士・マンション管理士、住宅ローンアドバイザー、不動産鑑定士、司法書士、行政書士などが候補に挙がります。中でもおススメの資格は、FP(ファイナンシャルプランナー)です。将来、FPみやざき塾も開塾予定です。