• ポイント集
  • 重要過去問
  • 法改正
  • 統計
  • 重要数字
  • ゴロあわせ集
  • メールマガジン登録はこちら

Twitter


Facebook

外部リンク集


TOP > 5問免除制度(登録講習)について

5問免除制度(登録講習)について

Q.5問免除制度とは?

A.50問の問題が出題される宅建試験において、『5問分(問46~問50)を正解扱い』してもらえる制度です。

宅建合格へ向けて、より有利に受験できるようになりますので、5問免除制度を利用できる方には、とってもおススメの制度です。5問免除の制度を利用するには、次の『登録講習』を受講する必要があります。

Q.登録講習とは?

A.『登録講習(宅地建物取引業法第16条第3項に基づく講習)』とは、宅地建物取引業者の従業者を対象に、宅地建物取引業に関する実用的な知識および紛争の防止に関して必要な知識を習得し、宅地建物取引業に関する業務の適正化および資質の向上を図ることを目的とした講習です。

※受講するには、「従業者証明書」の提示が必要です。
※登録講習は、宅地建物取引業法に基づき、国土交通大臣の登録を受けた機関が実施します。
(登録講習機関と登録講習:宅地建物取引業法第16条第3項)
(講習業務の実施:宅地建物取引業法第17条の7及び関係国土交通省令、宅地建物取引業法法施行規則第10条の5第一号)
(従業者証明書の携帯:宅地建物取引業法第48条第1項)

Q.受講資格・受講対象者は?

A.宅地建物取引業に従事し、受講申し込みのときから受講終了まで「従業者証明書(宅建業法48条)」を持っていれば、原則として誰でも受講できます。

※実務経験期間は、問われません。

Q.登録講習を修了すると、どうなるの?

A.登録講習を修了すると、「登録講習修了者証明書」が交付され、以後3年間、宅地建物取引士資格試験の受験申込時に提出することで、宅地建物取引士資格試験の5問分が免除されます(宅地建物取引業法第16条第3項)。